イベント

栄町百年後芸術祭

2024.6.1 | 栄町

栄町百年後芸術祭とは

栄町では千葉県誕生150 周年記念事業といたしまして「栄町百年後芸術祭」 を開催します。千葉県立房総のむら旧学習院初等科正堂において、百年後芸術祭の総合プロデューサーであり音楽家の小林武史とシンガーソングライターの青葉市子による音楽LIVEを実施します。また、旧学習院初等科正堂前広場では、栄町に伝わる「龍伝説」をモチーフにしたミュージカルとドローンによる「光」の演出のほか、「食」に関するイベントを開催します。また、隣接するドラムの里では吹奏楽団による演奏やスマートフォンを使い文化財を巡るデジタルスタンプラリーなども実施します。ぜひこの機会に「音」「光」「食」の融合をお楽しみください。

会期:2024年6月1日(土)
会場:千葉県立房総のむら旧学習院初等科正堂及びドラムの里
時間:13:00~20:00
スケジュール:
●ドラムの里エリア
食のイベント:13:00~17:00
文化財周遊デジタルスタンプラリー:13:00~16:00
太鼓・吹奏楽・マジック:13:00~16:00
●旧学習院初等科正堂エリア
オープニングセレモニー太鼓演奏:16:00~
食のイベント:15:00~19:00
音楽イベント:17:00~18:00(出演:青葉市子/小林武史 )
※ チケット:近日発表予定
龍伝説短編ミュージカル:19:00~19:30
ドローンパフォーマンス:19:30~19:45

青葉市子

音楽家。hermine代表。
2010年にデビューし、これまでに7枚のオリジナルアルバムをリリース。
クラシックギターと歌を携え、現在ワールドツアー中。
”架空の映画のためのサウンドトラック”『アダンの風』発表以降、ストリングス編成でのコンサートも行っている。
映画『こちらあみ子』では劇中音楽と主題歌を担当し、 第77回毎日映画コンクールにおいて音楽賞を受賞。
2023年9月、ドイツ開催のReeperbahn FestivalでANCHOR Awardを受賞。
ラジオDJやナレーション、CM・映画音楽制作、芸術祭でのパフォーマンス等、様々なフィールドで活動中。

2019年に開催されたReborn-Art Festivalでは牡鹿半島・鮎川に滞在し、音とドローイングによる「風の部屋」を制作。
「詩人の家」では町の人々と共に台所に立ち、食を通じて交流を行った。
https://ichikoaoba.com/

小林武史

音楽家。80年代から現在まで数多くのアーティストプロデュースや映画音楽を手がけ、日本の音楽シーンを牽引する第一人者。Mr.Childrenの櫻井和寿、坂本龍一氏と非営利団体「ap bank」を立ち上げ、野外音楽イベント「ap bank fes」の実施のほか、東日本大震災後は復興支援活動に従事し、芸術祭「Reborn-Art Festival」を立ち上げるなど、様々な活動を行なっている。エネルギーと食の循環を体現できる「KURKKU FIELDS」を始めるなど、サステナブルな社会への取り組みにいち早く先鞭をつけてきた総合プロデューサーである。