イベント

百年後を想い、各界のクリエイターが繋ぐ、衣・食・住

2024.04.27(土)-4.29(月/祝) | 白子町

開催日時:
令和6年4月27日(土)〜4月29日(月/祝)
第一部 9:00-11:30 / 第二部 12:00-14:30 / 第三部 15:00-17:30
4月27日(土)のみ、隈研吾建築都市設計事務所 設計室長堀木俊氏ツアー同行予定

開催場所:
千葉県長生郡白子町

<チケット概要>
白子藝術祭は、時間制による少人数での体験型展示となります。隈研吾氏により修繕設計された「シラコノイエ」建築ツアー、
高橋悠介氏によるCFCLカプセルコレクション「Shadows」の発表とともに、写真家蓮井幹生氏とのポートレイトプロジェク
“SILHOUETTE” をスピンアウトした「SILHOUETTE in Shirako」を展示。
シラコノイエの主、大田由香梨氏による白子町の旬の食を頂くワークショップからなる衣食住の体験型展示となります

<チケット詳細>
・一般チケット<衣食住の展示ツアー・食事付き>¥8,000 (税込)
・図録付きチケット<一般チケット+ 図録> ¥10,800(税込)
・図録販売(予約販売、4/27より順次配送)¥3,800-(税込)
※収益金の一部が、白子町の歴史文化の保存に使用されます。

チケットサイト → https://artsticker.page.link/shirako_art
図録販売サイト → https://shop.shirako.art/

*注意事項
・所要時間は集合から終了まで2時30分となります。お時間に余裕を持ってお越しいただけますようよろしくお願いいたします。
・会場は個人所有の住宅のため、開催場所は千葉県長生郡白子町 非公開住所とさせていただいております。
ご予約完了後、アクセス情報をお知らせさせていただきます。
・少人数、予約制ツアーという特性上、ご予約完了後のキャンセルはいかなる理由でもお受けすることができませんので、ご了承ください。
・本ツアーは車椅子、ベビーカー非対応となります。

主催:
白子藝術祭実行委員会

協賛:
SLEEPINGTOKYO
株式会社合同資源

協力:
LAID BUG
Butterfly Studio

PRディレクション:
HiRAO INC

運営:
白子藝術祭実行委員会
お問い合わせ先 Mail / info@shirako.art
公式ホームページ https://shirako.art/


© J.C. Carbonne

隈 研吾 Kengo Kuma

Message/
南から様々なものを運んでくる黒潮と、東北の山や谷につながる山の文化が衝突する千葉という場所自体に、懐の深さと豊かさがひそんでいます。

100年後を想いながら、この土地の持つ素晴らしいエネルギーを体感していただけたら嬉しいです。

 

Chiba is where the Kuroshio Current, bringing a variety of goods from the south, collides with a mountain culture tied to the mountains and valleys of Tohoku. In this land are hidden a profound depth and richness.

It would bring me joy for people to experience the wonderful energy of this land while thinking of a time a hundred years from now.

 

Profile/
1954年生。1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立。慶應義塾大学教授、東京大学教授を経て、現在、東京大学特別教授・名誉教授。40を超える国々でプロジェクトが進行中。自然と技術と人間の新しい関係を切り開く建築を提案。

主な著書に『日本の建築』(岩波新書)、『全仕事』(大和書房)、『点・線・面』(岩波書店)、『負ける建築』(岩波書店)、『自然な建築』、『小さな建築』(岩波新書)、他多数。

 

Kengo Kuma was born in 1954. He established Kengo Kuma & Associates in 1990. He is currently a University Professor and Professor Emeritus at the University of Tokyo after teaching at Keio University and the University of Tokyo. KKAA projects are currently underway in more than 40 countries. Kengo Kuma proposes architecture that opens up new relationships between nature, technology, and human beings. His major publications include Zen Shigoto(Kengo Kuma – the complete works, Daiwa Shobo), Ten Sen Men (“point, line, plane”, Iwanami Shoten), Makeru Kenchiku (Architecture of Defeat, Iwanami Shoten), Shizen na Kenchiku (Natural Architecture, Iwanami Shinsho), Chii-sana Kenchiku (Small Architecture, Iwanami Shinsho) and many others.


© Yosuke Suzuki

高橋悠介 / CFCL YUSUKE TAKAHASHI / CFCL

Message/
百年前、千年前から続く普遍的な価値ある文化を後世にバトンを繋ぐことは私たちの大事な役目であることは間違いありません。

しかし 変化を恐れず、過去から脈々と続く文化の本質と向き合う気概を持って、同じ時代を生きる人々と共に時代 を作り続けることが、もっと大切なのだと思います。次の世代の人々が、時にはそれを否定し、時には活用して、この世界は続くのです。

 

Without question, we are charged with the important role of passing on to future generations a culture of universal values that has continued for hundred years, even a thousand years.

However, I believe it is more important for us to continue creating generations together with people living in the same era, having the courage to face up to the essence of culture which continues unceasingly from the past, without fearing change.

While the next generation of people will at times deny it and at times take advantage of it, this world will go on.

 

Profile/
1985 年生まれ、東京都出身。文化ファッション大学院大学修了後、2010 年株式会社三宅デザイン事務所入社。2013 年に ISSEY MIYAKE MEN のデザイナーに就任し、6 年にわたりチームを率いる。
2020 年同社を退社後、株式会社 CFCL を設立。2021 年第 39 回毎日ファッション大賞 新人賞・資生堂奨励賞及び FASHION PRIZE OF TOKYO 2022 を受賞。2022 年よりパリ・ファッションウィークに参加。

 

Born in Tokyo in 1985. After graduating from Bunka Fashion Graduate University, he joined
Miyake Design Studio in 2010, and was appointed as the designer of ISSEY MIYAKE MEN in 2013, leading the team for six years. After leaving the company in 2020, he established CFCL Inc. In 2021, he received the MAINICHI FASHION GRAND PRIX 2021 (the 39th),
New Comer’s Prize and Shiseido sponsorship Award, as well as FASHION PRIZE OFTOKYO 2022. With CFCL, he has been participating in Paris Fashion Week since 2022.

1985 Born in Tokyo
2010 Graduated from Bunka Fashion Graduate University
2010 Joined Miyake Design Studio Co., Ltd.
2013 Appointed as the designer of ISSEY MIYAKE MEN
2020 Established CFCL Inc.


© Mikio Hasui

大田 由香梨 Yukari Ota

Message/
衣・食・住から見る「暮らしそのものを藝術として」。 
近世、日本文化の技術と精神の集大成とも言える江戸末期(約190年前)の暮らしを舞台に、百年後に想いを馳せる三日間。世界で活躍される皆様と共に、丁寧に時間をかけて準備をしてまいりました。長年、閉ざされてきた旧大多和家の正門を、この三日間は特別に開いて皆様をお迎えいたします。とても貴重な機会となりますので、ぜひお越しいただけたら幸いです

 

“Live itself as art,” as seen through clothing, food, and shelter.
A three-day exhibit allowing you to envision a time one-hundred years from now, set against the backdrop of life in the late Edo period (about 190 years ago)—arguably the culmination of the technology and spirit of Japanese culture in early modern times. Together with people engaged around the world, we have spent time carefully preparing this event. The front gate of the former Otawa family, closed for many years, will be specially opened to welcome visitors over the three days. We hope that you will come and experience this rare opportunity.

 

Profile/
人の営みに必要な衣食住をスタイリングする「ライフスタイリスト」として活動。
株式会社スリーピングトーキョー取締役。
2021年からは、東京と千葉県九十九里でのデュアルライフを実践しながら、企業·ブランドへのクリエイティブ、公共プロジェクトを通して、持続可能で美しい未来のライフスタイルを提案している。

 

Ota Yukari embarked on her career as a fashion stylist in Tokyo in the early 2000s. She remains deeply involved in art direction and styling for fashion brands.
What sets her apart is her venture beyond fashion—she manages an organic restaurant and works on architectural designs in collaboration with. She adopts a holistic styling approach, covering “clothing, food, and shelter.”
Building upon the Japanese ideology of the three basic human needs, “clothing, food, and shelter” (lifestyle), she has established a new branding termed “LIFESTYLIST.” She actively promotes sustainable lifestyles and businesses through her creative pursuits, making this endeavor her life’s work.