イベント

槙原泰介「干潟を歩く」バスツアー

2024.44.28・5.11 | 木更津市

槙原泰介作品「オン・ザ・コース」の干潟コースを歩くバスツアーです。作家と各回のゲストと共に湿地・干潟を歩き、その魅力に迫ります。定員15名、参加費無料。コースは今回特別に設定されており、ツアーでのみ歩くことができます。

<開催概要>

  • ●日程:2024年3月30日(土)、4月13日(土)(終了しました)、28日(日)、5月11日(土)
  • ●時間:13:20~15:00(バス移動時間を含む)
  • ●ゲスト:3月30日(土)山田悠(アーティスト)(終了しました)
  •      4月13日(土)石川初(ランドスケープ・アーキテクト/慶応義塾大学教授)
  •      4月28日(日)盤洲干潟をまもる会
  •      5月11日(土)伊東多佳子(環境美学/富山大学芸術文化学部准教授)
  • ●歩く場所:盤洲干潟
  • ●参加方法: peatix 事前予約制(各回定員15名、無料)

ご予約の上、出発の5分前までには紅雲堂書店にお越しください。ツアーバス乗車時に作品鑑賞パスポート、エリア鑑賞券、「オン・ザ・コース」個別鑑賞券いずれかの提示が必要になります。
※紅雲堂書店の作品をご覧になってからツアーに参加されることをお勧めします。

<バス運行スケジュール>

13:20 紅雲堂書店 発
13:45 干潟コース入口 着 → 干潟を歩く(50分程度)
14:35 干潟コース出口 発
15:00 紅雲堂書店 着

ツアーは干潮時刻に合わせてありますが、足元が少し不安定な場合もございます。歩きやすく汚れても良い靴・服装でのご参加をお勧めします。予約サイトにある注意事項をご覧の上ご参加ください。

》本ツアーの関連作品(百年後芸術祭-内房総アートフェス-)

槙原泰介

1977年広島県生まれ、千葉県在住。2003年武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了。2009 –2011年文化庁新進芸術家海外研修員として渡英。「修復」や「修景」を方法とし、特定の空間や環境そのものを相手とする槙原のインスタレーションには、人工物と自然物の両方が同居している。作品がそうあることは、その場所が持つ歴史や時間もまた、自然「的」・人工「的」なものという、不完全で補完し合った関係であることを露にする。2020年に東京湾の干潟を中心としたリサーチを開始し、昨年木更津市に移住。干潟で自然と芸術の関係性を考えるアーティストと研究者によるプロジェクト「Art and Tidal Flats」を立ち上げた。 他、近年の展覧会に「それぞれの山水」(駒込倉庫、2020年)、「都会化された荒野で」(南相木村山荘 、2022年)、「アーバン山水」(kudan house 、2023年)、「都会化された荒野で」(SUNDAY、2023年 )などがある。