プレスリリース

千葉県誕生150周年記念事業百年後芸術祭カンファレンスの開催について

2023.12.25 | 千葉県

イベント

令和6年1月21日(日)に、県立現代産業科学館において、百年後芸術祭「いちかわ
芸術祭」の一環として、カンファレンスを開催します。
千葉県誕生150周年記念事業総合プロデューサー小林武史氏、総合ディレクター北川
フラム氏等が登壇するトークセッションのほか、100年後の未来を題材にアートとテクノ
ロジーを融合させたアートイベント等を実施します。

1 開催日時
令和6年1月21日(日)午後1時~午後6時まで(予定)
2 会 場
県立現代産業科学館 サイエンスドーム、企画展示室、サイエンス広場
(所在地:市川市鬼高1-1-3)
3 入場料
無 料(トークセッションのみ事前申込制)
4 内 容
〇トークセッション(午後3時 ~ 午後4時50分 サイエンスドーム)
【第1部】集落というミクロ/宇宙というマクロ-異なる世界からみた未知とは
・概 要 アートとサイエンス、異なる視点でみた未知について考える、いちかわ芸術祭のトークセッションです。
・時 間 午後3時~午後3時40分
・登壇者 国立天文台准教授 縣 秀彦 氏

千葉県誕生150周年記念事業総合ディレクター 北川 フラム 氏
柏の葉アーバンデザインセンターアート・コミュニケーション担当ディレ
クター 小山田 裕彦 氏

1 開催日時
令和6年1月21日(日)午後1時~午後6時まで(予定)
2 会 場
県立現代産業科学館 サイエンスドーム、企画展示室、サイエンス広場
(所在地:市川市鬼高1-1-3)
3 入場料
無 料(トークセッションのみ事前申込制)
4 内 容
〇トークセッション(午後3時 ~ 午後4時50分 サイエンスドーム)
【第1部】集落というミクロ/宇宙というマクロ-異なる世界からみた未知とは
・概 要 アートとサイエンス、異なる視点でみた未知について考える、いちかわ芸術祭のトークセッションです。
・時 間 午後3時~午後3時40分
・登壇者
国立天文台准教授 縣 秀彦 氏
千葉県誕生150周年記念事業総合ディレクター 北川 フラム 氏
柏の葉アーバンデザインセンターアート・コミュニケーション担当ディレクター 小山田 裕彦 氏

【第2部】万博への一歩、その先の未来へ
・概 要 百年後芸術祭と2025年大阪・関西万博が思い描く未来を題材としたトークセッションです。
・時 間 午後4時~午後4時50分
・登壇者
千葉県知事 熊谷 俊人
大阪府知事 吉村 洋文 氏
千葉県誕生150周年記念事業総合プロデューサー 小林 武史 氏
キッコーマン株式会社 代表取締役会長 堀切 功章 氏

〇 アートイベント
プロジェクションマッピングを通じて公共スペースを創造的表現の場に変える MAPP_MTL(マップ_モントリオール)と一緒に、未来のことを考える時間を過ごしてみませんか? 自分たちが描いた表現を、MAPP_BIKE(プロジェクターを搭載した自転車)で日常の世界に投影する、体験型クリエイティブワークショップです。Produced by Junichi Takekawa | David Watts inc. Founder/Creative Director
【ワークショップ】 午後2時~午後4時 企画展示室
・概 要 いろいろな対話をしながら 100 年後の未来を想像して、イラストを描き、アニメーションに変換してアート作品を創造します。
【プロジェクションマッピング】 午後5時~午後6時 サイエンス広場
・概 要 ワークショップで描き、アニメーションに変換した作品を、MAPP_BIKE で屋外に投影します。
※ MAPP_MTL(マップ_モントリオール)について
2016 年に Thien Vu Dang によってカナダのモントリオールで設立された、プロジェク
ションマッピングを通じて公共スペースを創造的表現の場に変える、クリエイティブ
オーガニゼーション。創造的なイノベーションに焦点を当て、年間を通じて様々なイベント
やワークショップを開催している。


〇 食などのブース(午後1時 ~ 午後6時 サイエンス広場)

トークセッションの観覧や取材についての詳細が確認いただける、プレスリリース原文はこちらから。



プレスリリース一覧へ