イベント

時速30kmの銀河の旅「終着駅2024」

2024.4.27・4.28・4.29 | 市原市 駅舎/広域

小湊鉄道と銀河鉄道が交錯する演劇作品。ノスタルジックな白鳥公民館いっぱいに飾られた洋画家・前田麻里(市原市在住)の美しいアートに囲まれる中、空間を変化させるような身体表現を得意とする美木マサオの演出で、「いちはらアート×ミックス2020+」では映像で公開した『終着駅』を、本来の舞台バージョンで上演。脚本はスタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』の坂口理子。美木と坂口が参加する舞台企画「Project 未來圏」ともコラボした今回は、小劇場の人気劇団・だるま座の剣持直明や、高校生俳優など若い世代も参加。観客を幻想的でどこか懐かしく切ない銀河の旅に連れて行く。

  • ●脚本:坂口理子 演出:美木マサオ アート:前田麻里 出演:剣持直明、市川真也、前田彩、美木マサオ、大山蓮斗、吉田まいの
  • ●日時:2024年4月27日(土)~29日(月・祝)11:00/16:00  ※4月29日(月・祝)は11:00/14:00
  • ●会場:白鳥公民館(市原市大久保505-3)
  • ●参加費:一般前売2,000円、一般当日2,500円(パスポート割引2,300円)、小中高生1,000円
  • ●駐車場:旧白鳥小学校(市原市大久保548)

時速30kmの銀河の旅

市原市在住で、美しい色彩の油絵で人気を誇る洋画家の前田麻里、多数受賞歴のある脚本家の坂口理子、ダンスパフォーマンス界次世代注目株の美木マサオによる3人組ユニット。