イベント

終了:東京QQQ「わたしたち、底にいますから。」

2024.3.23 | 内房総アートフェス

百年後芸術祭~環境と欲望~内房総アートフェスの開幕初日の2024年3月23日(土)に、生き様パフォーマンス集団 、東京QQQ(トーキョーサンキュウ)によるパフォーマンス「わたしたち、底にいますから。」を開催します。
クルックフィールズ内にある「地中図書館」や「クリエイティブパーク」を舞台に、百年後芸術祭-内房総アートフェスの初日を飾る特別なパフォーマンスを是非ご覧ください。


【開催概要】
日時:

【1部】  開場11:15/開演11:30/終了12:15頃
【2部】 開場13:45/開演14:00/終了14:45頃
【3部】 開場16:00/開演16:30/終了17:45頃

場所:
【1部/2部】地中図書館(クルックフィールズ内)
【3部】クリエイティブパークの黄色いバスの前(クルックフィールズ内)

出演:
【1部/2部】東京QQQ(アオイヤマダ/ かんばらけんた / Kily shakley / KUMI / 高村月 / ちびもえこ / 平位蛙 / MONDO / 山田ホアニータ )
【3部】  東京QQQ(アオイヤマダ/ かんばらけんた / Kily shakley / KUMI / 高村月 / ちびもえこ / 平位蛙 / MONDO / 山田ホアニータ )/小林武史(key)new/林田順平(Vc)new

入場料:無料(作品鑑賞パスポートまたは、クルックフィールズのエリア鑑賞券が必要です)

参加方法:
【1部/2部】peatix 事前予約制(各回定員20名)
【3部】予約不要

東京QQQ(トーキョーサンキュウ)

様々な体形とバッググラウンドをもつメンバーが「誰かの心の絆創膏になりたい」と願う生き様パフォーマンス集団。(アオイヤマダ/かんばらけんた/ Kily shakley /KUMI / 高村月/ちびもえこ/平位蛙 /MONDO/山田ホアニータ)


©️hisashiogawa

アオイヤマダ

2000年生まれ。90年代のクラブやアートシーン、アンダーグラウンドカルチャーに影響を受けたことが活動の軸となる。・ダムタイプ『2020』・東京オリンピック閉会式ソロパフォーマンス・Netflixシリーズ「First Love 初恋」・映画『PERFECT DAYS』などに出演。ひびのこづえ氏との作『ROOT:根』の公演や、アイナ・ジ・エンドと『アイナトアオイ』での公演、生き様パフォーマンス集団『東京QQQ』のメンバーとしても活動中。日々、旦那にお弁当を作り続けている。

かんばらけんた

車椅子ダンサー、サーカスパフォーマーとして活動。
車椅子の上での逆立ちや空中芸など、上半身を最大限に生かした技が特徴。
先天性の二分せきつい症という障害をもって生まれる。
テレビCM出演や学校講演も行っている。

2016年: リオデジャネイロ2016パラリンピック閉会式出演
2019年: 韓国で開催された国際障害者ダンスフェスティバル「KIADA 2019」ソロ出演
2021年: 東京2020パラリンピック開会式出演
2021年: NHK紅白歌合戦「マツケンサンバII」出演
2022年~2023年: MISIAライブツアー「25th Anniversary MISIA THE GREAT HOPE」出演

Kily shakley

ゴージャスかつスタイリッシュなショースタイルと美しいプロポーションで多くの人々を魅了するバーレスクダンサー。アーティストのMVやCM、ドラマに出演。モデル、女優、キャバレーディレクターとしても活躍中。

主な出演歴
・Netflix オリジナルドラマ
「First love 初恋」佐藤健 相手役
・keytalk MV「bubblegum magic」
・the back horn MV「心臓が止まるまでは」
・藤井風 MV「へでもねーよ」
・秋山瑠月 MV「勝手な彼女」
・BREIMEN MV 「乱痴気」

・EXIT 「super star」バックDJ
CDTV / NTVベストアーティスト/ 東京ガールズコレクション

2019年 swatch ローインチイベント
2022年 モエ・エ・シャンドン “EFFERVESCENCE – エフェルヴェソンス”in 東京タワーイベントにてパフォーマンス、コスチュームディレクター

2022年 rubyhotel ジュネーブ オープニングパーティーにてパフォーマンス in Switzerland

KUMI

美しくしなやかなポールスタイルと繊細でダイナミックな表現力に定評のある、日本屈指のポールダンサー。 近年はMC、ポージングアドバイザー、コレオグラファー、女優としても活動している。 蜷川実花映画作品には所作指導者としても参加。 東京2020日本フェスティバル「わっさい」、 第70回NHK 紅白歌合戦、MISIAメドレーにポールダンサーとして出演。ASTERISK「Goodbye,Snow White」残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」あいみょん、東京ゲゲゲイ、DISH//、他アーティストのMVにも多数出演。

高村月

幼少期、数々のダンスコンテストにて優勝、アジア大会では日本代表を務める。2019年からエモーショナルダンサーとしての活動を開始。
King Gnuの「三文小説」の他、様々なMVに出演。NHK紅白歌合戦ではMISIA、LiSAのメドレーに出演。米津玄師、MISIAのツアーライブに参加。東京2020日本フェスティバル「わっさい」の出演及び振付を担当。演劇舞台「ぼくらが非情の大河をくだる時」に出演し、俳優としても活動。生き様パフォーマンス集団「東京QQQ」のメンバーとして活動中。

ちびもえこ

小人バーレスクダンサー
軟骨無形成症として秋田県で生まれる。2018年、小人バーレスクダンサーとしてデビュー。

ももいろクローバーZ 「MOMOIRO CLOVER Z SHOW at 東京キネマ倶楽部」や、浜崎あゆみ
「COUNTDOWN LIVE 2021-2022」のライブ出演の他、DIR EN GREY 「Ranunculus」 BiS「BASKET BOX」のMVやNetflixオリジナルドラマ 「FOLLOWERS 」、doublet 22F/W Paris Collectionに出演。
2021年には東京2020 パラリンピック競技大会 開会式にて小さい飛行機を演じる。
生き様パフォーマンス集団「東京QQQ」のメンバーとして活動中。

平位蛙

1988年生まれ。
数々のダンスコンテストで入賞を果たし、世界各国の路上でゲリラ的にパフォーマンスをする世界一周ダンスの旅へ
ストリートシーンにどどまらず様々なシーンに活動の幅を広げ表現活動をしている
舞台に出演する他
生き様パフォーマンス集団東京QQQのメンバーとして活動中

MONDO

ボディーワーカーとして身体動作やプレゼンス=在り方によって感覚に働きかける世界を探求しながら、自身を統合していく過程で生まれた“ヒゲ女装”というスタイルでパフォーマンス活動を行う。
東京 2020 NIPPON フェスティバル「わっさい」、MISIA25周年ライブツアー、Chim↑Pom from Smappa!Group「ナラッキー」展等に出演。
生き様パフォーマンス集団「東京QQQ」のメンバー。

山田ホアニータ

ドラァグクイーン

新宿2丁目から弾け飛び、全国にハピネスを届けるドラァグクイーン界のゆるキャラ。老若男女問わず愛されるまんまるお腹の乙女系ピンクモンスター。TV番組、舞台、アーティストMV、ファッションショー、などに出演する他、生き様パフォーマンス集団「東京QQQ」のメンバーとして活動中。

主な出演歴
・ももいろクローバーZ/クローバーとダイヤモンド(2018年)
•横浜モアーズ 2019メインビジュアル
•Amazon fashion week [PARADOX TOKYO 2019AW]
•Rakuten fashion week [doublet 2021SS doublet]
•SUMMER SONIC 2022
•ayumi hamasaki 25th Anniversary Live(2023年)
•舞台「田園に死す」空気女役(2023年)
•有吉ジャポン

林田順平

福岡県北九州市出身。様々なアーティストのツアー、ライブで演奏。又、奏者、編曲者として歌手の楽曲、映画、ドラマなど年間数多くの曲のレコーディング、音源制作に携わっている。

小林武史

音楽家。80年代から現在まで数多くのアーティストプロデュースや映画音楽を手がけ、日本の音楽シーンを牽引する第一人者。Mr.Childrenの櫻井和寿、坂本龍一氏と非営利団体「ap bank」を立ち上げ、野外音楽イベント「ap bank fes」の実施のほか、東日本大震災後は復興支援活動に従事し、芸術祭「Reborn-Art Festival」を立ち上げるなど、様々な活動を行なっている。エネルギーと食の循環を体現できる「KURKKU FIELDS」を始めるなど、サステナブルな社会への取り組みにいち早く先鞭をつけてきた総合プロデューサーである。

関連するイベント

通底縁劇・通底音劇

内房総アートフェス

2024.4.20・4.21・5.4・5.5・5.12

通底縁劇・通底音劇

4つの会場にて、櫻井和寿、スガ シカオ、宮本浩次、アイナ・ジ・エンドらと小林武史プロデュースによるスペシャルライブを開催! “通底縁劇・通底音劇”  通底という言葉は、アンドレ・ブルトンの『通底器』からヒントを得たもので、「つながるはずのないものがつながる、つながっている」ということをイメージしています。この通底という言葉には、歴史的な要因による戦争、自然災害による物理的な分断など、表面的には様々な分断が絶えないように見える現実に対して、本来、私たちは根底でつながりあえる(わかりあえる)のではないか? という想いを込めています。また、地理的な要因として、東京と内房総エリアはアクアラインで海の底で通底している、ということもあります。  この通底を根底とした“通底縁劇・通底音劇”を表現する形として、4会場で小林武史プロデュースによる、それぞれ異なるスペシャルライブを開催します。そして、それぞれにコンサートタイトルがつけられています。4月6日に、富津公園ジャンボプールにて、アイナ・ジ・エンドをフィーチャーしたアートパフォーマンスライブ「不思議な愛な富津岬」、4月20日、21日には、クルックフィールズ(木更津市)で、櫻井和寿、スガ シカオを中心とした「super folklore(スーパーフォークロア)」、5月4日、5日は、君津市民文化ホールで宮本浩次を中心とした「dawn song(ドーンソング)」、5月12日には荻野目洋子、MOROHAをフィーチャーした「茶の間ユニバース」。上記のメインアーティストとともに、通常の音楽ライブとは異なる次元の様々なアート的表現が展開されていきます。  年初に石川県能登地方で起こった能登半島地震に対して、「通底」の思いで内房総エリアから、表現を通じて想いを伝えつつ、APバンクの協力も得て、支援を実施していきたいと考えています。 <開催概要> 終了:「不思議な愛な富津岬」 終了:「不思議な愛な富津岬」日時:2024年4⽉6⽇(⼟)13:00開場、14:00開演会場:富津公園ジャンボプール(千葉県富津市富津2280、屋外)料金:6,500円(税込、全席自由、整理番号順に入場、アート作品鑑賞パスポート付き)出演:アイナ・ジ・エンド / 東京QQQ(アオイヤマダ/ かんばらけんた / Kily shakley / KUMI / 高村月 / ちびもえこ / 平位蛙 / MONDO / 山田ホアニータ )音楽:小林武史 / 名越由貴夫脚本:高村月演出:アオイツキ+清水舞手衣装:ひびのこづえopening DJ:Shoma fr.dambosound企画:OIP(Oi-chan honopanty) 詳細はこちら 「super folklore(スーパーフォークロア)」 「super folklore(スーパーフォークロア)」日時:2024年4⽉20⽇(⼟)、21⽇(⽇) ともに15:30LIVE会場入場開始、17:30開演(予定)会場:クルックフィールズ(千葉県木更津市矢那2503、屋外)※開催日のクルックフィールズは、公演チケット所持者のみ14:30から入場できます。料金:9,800円(税込、全席自由、整理番号順に入場、アート作品鑑賞パスポート付き)出演:櫻井和寿 / スガ シカオ / Butterfly Studio (guest vocal : Hana Hope / dancer : ⾼村⽉ / KUMI) ⼩林武史(Key) / FUYU(Dr)  / 須藤優(Ba)  / 名越由貴夫(Gt)  / 沖 祥⼦(Vl)映像:小阪淳 / 保良雄 ※演出の都合上、浅沼圭の出演がキャンセルとなりました。なお、この出演者変更に伴うチケットの払い戻しはございません。何卒ご理解を賜り、ご了承くださいますようお願い申し上げます。 詳細はこちら 「dawn song(ドーンソング)」 「dawn song(ドーンソング)」 日時:2024年5⽉4⽇(⼟)18:00開場、19:00開演(予定) / 2024年5月5⽇(⽇・祝)16:30開場、17:30開演(予定)会場:君津市⺠⽂化ホール(千葉県君津市三直622)料金:9,000円(税込、全席指定席、アート作品鑑賞パスポート付き)出演:宮本浩次 /  落花⽣ズ(ヤマグチヒロコ、加藤哉⼦) /  dance:浅沼圭⼩林武史(Key)  /  ⽟⽥豊夢(Dr) /  須藤優(Ba)  /  名越由貴夫(Gt) / ミニマルエンジン(四家卯⼤(Vc)、⽵内理恵(Sax)) 詳細はこちら 「茶の間ユニバース」 「茶の間ユニバース」 日時:2024年5⽉12⽇(⽇)17:30開場、18:30開演(予定)会場:袖ケ浦市⺠会館(千葉県袖ケ浦市坂戸市場1566)料金:6,500円(税込、全席指定席、アート作品鑑賞パスポート付き)出演:綾小路 翔new/荻野⽬洋⼦ / MOROHA  / 落花⽣ズ(ヤマグチヒロコ、加藤哉⼦) / dance:アオイヤマダ⼩林武史&スペシャルバンド 詳細はこちら トータルプロデュース:小林武史プロデュース:Butterfly Studio(*)*様々な分野から集まったクリエイティブチーム https://en.butterfly-studio.jp協力:ap bank