アート

多次元港としてのバレテ

2024.3.23-5.26 ※火曜定休(4.30は除く) | 市原市 市原湖畔美術館

何千本ものペットボトルと竹でつくりあげた人々が中に入ることのできる巨樹バレテ、空飛ぶ「宇宙船」、ウェアラブル・アートを身に着けた人。廃棄物を使って多彩な作品をつくるアーティストは、フィリピンの民話・神話的世界をSF 的なインスタレーションとして展開する。それは現在の地球規模での環境問題に警鐘を鳴らす作品でもある。

市原湖畔美術館
• 公開時間:平日10:00~17:00、土・祝前日9:30~19:00、日・祝日9:30~18:00(会期中は火曜定休、最終入館30分前)
• 入館料:一般1,000円、大高生・65歳以上800円
• 所在地:市原市不入75-1
• アクセス:高滝駅から徒歩20分、市原鶴舞バスターミナルからタクシーで5分
• 駐車場:会場隣接
• 無料周遊バス:[平日]東コース [土休日]東コースA・B・C、東西横断コース
千葉県一の貯水面積を誇る高滝湖を臨む、自然豊かな美術館。現代アートを中心とした企画展、地域・子どもに開かれたワークショップなど多彩なプログラムを展開しています。ドラマやMVにも使われるユニークな建築や、隣接する「PIZZERIABOSSO」での旬の食材をふんだんに使った食事も楽しめます。